光自然農法について

  • IMG_3954

    当園のブログにお越し頂きありがとうございます♪

    本日は晴れ間が続く一日となり、

    久々に気持ちよく野良仕事をできる一日となりました。

    まぁ、日射しが強い分汗が止まりませんでしたが( ̄◇ ̄;)

    暑すぎるのも考えものですね・・・。

     

    園内を見回って異常がないことを確認した後は、

    和製グレープフルーツの収穫をしようかと考えていましたが、

    この連日の雨で所々草の伸びが大きいところがありましたので、

    そちらの草刈りを行いました。

    今月の16日には恩師の法事の一環でご親族の方々が来園されますので、

    お墓の周りの草刈りも入念に行わせて頂きました。

    【恩師の墓】

    IMG_3956

    【墓石に刻まれた恩師の想い】

    IMG_3955

    「光 愛 調和」

     

    恩師が人生を歩んでいくうえで、

    また、光自然農法を実践していくうえで重んじていた言葉です。

    「畑の空間を光と愛で満たし、調和させていく」

    という奥が深い理念を具現化していくために

    今の私ができることは「感謝」と「祈り」であると感じています。

    この世界は「波動」でできていると考えていますので、

    良い波動を畑の空間に満たしていくことが

    作物たちにとって心地の良い空間作りに繋がり、

    召し上がる方に安全や美味しさだけでなく、

    「光と愛」もお届けできる果実などができるのだと感じています。

    これからの農作業を通してもっと多くのことを感じ、

    恩師のように理解を深めていきたいですね!

     

    金柑の樹を見て回っていたら、

    花が咲き始めていました(*´∨`*)

    IMG_3947

    IMG_3949

    今年はどれだけ実をつけてくれるか楽しみです♪

    また、イチジクも見回ってみたらこちらも実をつけ始めていました♪

    IMG_3960

    今年もジャムのように濃厚で美味しいイチジクを食べられることを楽しみにしたいと思います(*˘︶˘*).。.:*♡

     

    サツマイモの畑の一つの区画を見てみると、

    サトイモ達が元気に葉を伸ばし始めていました!

    【注:一応サツマイモの畑です(´Д`ι)アセアセ】

    IMG_3957

    とりあえず草引かないと・・・(p・Д・;)アセアセ

    【サトイモ】

    IMG_3958

    草に紛れて葉を伸ばしていたニンジンらしきものも

    以前と較べると葉が大きくなっていました。

    【ニンジンらしきもの】

    IMG_3959

    あちらこちらに点在するニンジンらしきものたちは、

    草に飲み込まれそうになりながらも頑張ってくれています。

    にんじんって草を引かないと育たないイメージがあったので、

    ここまで成長しているのが個人的には不思議ですが、

    上手く間引きされている状況を作り出せれば

    意外と問題ないのだろうか・・・?

    何にせよ、これからどの様になっていくのか草を引きつつ見守りたいところです(*´▽`人)

     

    みょうがの葉の周りも草刈りを行いましたので、

    根元を見てみるといくらかみょうがが顔を出していました!

    【みょうがの葉と茎】

    IMG_3950

    【みょうが】

    IMG_3952

    IMG_3953

    本日収穫したものは地主さんへの差し入れとさせて頂きました୧꒰*´꒳`*꒱૭✧

    まだまだ出てきそうな雰囲気ですので、

    これからは毎日要チェックや( *¯ ³¯*)♡

     

    明日からも晴れのお天気が続いてくれるようですので、

    残りの和製グレープフルーツの収穫や草刈りといった管理作業を

    進めて参りたいところです(*´∇`)ノ

    明日も野良仕事を楽しもうε=ヾ(*・∀・)/

     

    光自然農法園

    代表 中垣 貴瑛

  • IMG_3638

    当園のブログにお越し頂きありがとうございます♪

    畑の状況と天気の流れから光電子水を散水した方が良いと判断し、

    本日、光電子水を園内全域に散水致しました。

    【作業の様子】

    IMG_3638 IMG_3641 IMG_3643

    300ℓのタンク3杯分の光電子水を霧状にして散水しました。

    光電子水を散水するときは、柑橘や野菜たちに感謝と敬意を示す言葉をかけながら作業を行います。

    この作業の目的は、「空間」の浄化です。

    空間を浄化して磁場を高めることにありますので、

    作業中の自身の精神状態もとても重要となってきます。

     

    畑は己の心を映す

     

    恩師である初代当主の池田氏の言葉で印象に残っているもののひとつです。

    当園の農法の肝である光電子水の散水作業ですが、

    ただの水撒き作業ではなく、

    畑と精神的な部分で繋がるための「儀式」のようなものだと認識し、

    己の精神を正す意味で、前向きに、尚且つ、明るい気持ちで作業に臨むようにしています。

    終始気持ちよく作業できたので、

    作業後の柑橘の葉先がしっかりと天を向いており、

    葉色も更に美しくなっていたことから、

    空間の浄化が無事に完了したことを嬉しく感じた次第です。

     

    作業中にそれぞれの柑橘の樹の様子を確認しましたが、

    着果した果実たちも少しずつ大きくなっています。

    【早生みかんの様子】

    IMG_3646

    もう少ししたら摘果作業で忙しくなりそうです。

     

    夕方、園内の見回りを行いましたが、

    自生する大根を野菜の畝の近くで確認しました。

    IMG_3651

    人間の力に頼らずに生きているその姿に大自然の神秘を感じた次第です。

     

    明日もお天気は良さそうですので野良仕事に励んで参りたいと思います!

    明日もガンバローε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

     

    光自然農法園

    代表 中垣 貴瑛

  • P1010325

    P1010326

    ヒヨドリに食べられ始めていました。

    P1010327

    寒さも厳しくなってから、激しくなってきています。

    ヒヨドリがつついた後に、メジロが食べに来ます。

    P1010328 P1010329

    対策に、網を張りました。

    P1010330

    初めて、全体を包むようにしましたが、広くて、ポンカンの木は高いので、難しかったです。

    P1010332

    予算と作業日程の都合で、片側を塞ぐことが出来ましたが、被害も少し減りました。

    P1010335

    良く育ってくれた、綺麗なポンカンです。

    P1010334

    木の周りには、草や木が敷き詰められたのが見えます。

    P1010336

    着色の進み具合で、自然に成っているのが判ります。

    肥料をしたミカンは、お尻の方から色がついてきますが、無肥料なので

    自然に近いので、成り口の方から色がついています。

    P1010337

    我が家のミカンは、全て、成り口の方から色がついてきます。

    不思議ですが、市販のを見てみると、逆なのが判りました。

     

     

     

     

  • P1010318

    今年、初めてほりもとのおせちを取れました、いつも予約でいっぱいで取れませんでしたが、

    今年は取れました。

    P1010319

    割烹ならではで、全てに大満足でした。板前さんも舌が大事ですが、光自然農法にも、微妙な味の変化が

    感じ取れる舌が大事なので、二十代から時々、一流の味を家族で戴いてきましたが、今になって微妙な味が

    感じ取れることにつながっています。

    P1010320

  • 012+2

    霙雨の中、そんな寒さにも負けずに、元気に成長しています。010+2

    着色も進み、玉伸びも良いです。見た目も綺麗に育っています。(一部見た目の悪いものもありますが。)

    当園のポンカンは、皮が薄く実も詰まっており、ありがたいことに、味も食感も全然違うと、

    よく言われます。こんなポンカンは、日本中探しても無いから、自信を持って良いですよ、

    なんて、熱烈なファンの方もおられますが、すごくありがたくて、更に良いものを作ろうと励みになります。

    014+1

    こちらも、葉がしっかり立ち上がって、活発に光合成をしています。

    003+3

    こちらの木は、果実の色も薄緑で、葉もしっかり立ち力強く成長しています。

    005+1

    自然や野生に近づくほど、成り口の方から着色が進むそうですが、当園の柑橘も全部成り口から

    色がついてきます。ちなみに、肥料を使うと逆で、成り口ではなく、先端から着色するそうです。

    009+2

    大きくなり、重みで枝が折れそうなので、支柱でツッパリをしています。

    収穫まで、まだひと月以上ありますから、美味しくなるように、光電子水をかけて、時々海水もかけます。

    今でも、通算30回は光電子水を散布してきましたが、最後までベストを尽くして、お世話しようと

    思っています。

     

     

  • 017

    いよいよ寒い季節が到来していますが、こんな寒い中でも、淡々と成長しているデコポンです。

    016

    寒くなってから、色もどんどん進んでいます。

    018

    今年は、早い段階で摘果しましたので、去年よりもサイズも大きいです。

    015

    葉が立っている様子がお分かりになると思いますが、これがパワーデコの源です。

    光合成が活発になされている証で、細胞が緻密になり、果肉がとてもしっかりしてきます。

    葉が立っていると、養分や水分を活発に吸い上げて、炭水化物を作りますから細胞がパンパンに成長して

    、その結果として、実が詰まってずっしりした、皮の薄いパワーデコが出来てきます。

    細胞を構成している分子が増え原子の数が多いということが、エネルギーが多いと言えると思います。

    そのエネルギーが、食べた方のエネルギーを高めて、元気になるそんな究極の柑橘が、私の目指す

    薬のような柑橘です。

  • 003+2

    銀杏の木や、家の周りの木や、古い竹などを小さく砕いているところです。

    007+1

    これは、孟宗竹の棚を砕いています。下には木を砕いたものがあります。

    009+1

    木を機械に押し込んでいます。バランスを崩すと巻き込まれたりして危険なので、

    足を踏ん張って注意しながらの作業です。慣れないと全身筋肉痛になります。

    もう慣れたので、筋トレと思い気合入れてやっています。

    010+1

    長い木は横向きで押し込みます。手前の果実はポンカンです。

    徐々に色着き始めています。今年のポンカンは、玉伸びも去年より良く、いい出来になりそうです。

    012+1

    後ろに積み上げた木は、園内に敷き詰める予定です。自然のものは何でも土に返していきます。

    古い機械ですが、よく頑張ってくれています。去年はすべて手作業でしたので大変でしたが、

    機械を協力者の方から借りてから、土造りも格段に進むようになりました。

    光電子水との相乗効果で、ミカンの木もどんどんよくなっており、嬉しくて、

    つらい作業も苦にならず、年中無休で一人淡々と楽しみながら頑張つてます。

    土日は家内も手伝ってくれます。今日は、作業の模様を写してくれました。

    砕いたものを、園内に撒く作業も手伝ってもらいました。